信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

南ア こもれび山荘
南ア こもれび山荘

北ア 白馬大池山荘
北ア 白馬大池山荘

西駒山荘
西駒山荘

北ア 焼岳小屋
北ア 焼岳小屋


田部井さんしのぶ講演会も 10月の駒ケ根ウェストン祭
2017/09/07 10:15
YAMA2017090700872501.jpg

 駒ケ根観光協会と駒ケ根市は10月13、14日、日本アルプスを世界に紹介した英国人ウォルター・ウェストンを顕彰する第7回「中央アルプスウォルター・ウェストン祭」を市内などで開く。何度もこの祭典に足を運び、昨年10月に77歳で亡くなった登山家田部井淳子さんをしのび、「一歩、一歩、ありがとう妻・田部井淳子と歩いた道」と題した夫の政伸さん(75)の講演会がある。

 田部井さんは1975(昭和50)年に女性で初めてエベレスト(8848メートル)に登頂。ウェストン祭には第2回から4年続けて参加した。講演会は市立図書館が企画し、13日午後6時半から市文化会館で開く。長男・進也さんが母との最後の日々を寄せたブログの朗読などもある。

 式典は14日午前9時から中ア千畳敷(標高約2600メートル)で開き、終了後、東京学芸大の小泉武栄(たけえい)名誉教授(飯山市出身)や政伸さんと駒ケ岳(2956メートル)周辺で地形や地質を学ぶ有料ツアーもある。「田部井さんは初心者でもロープウエー利用で良い眺めを楽しみながら登れる―と中アを発信してくれた」と同協会事業部長の奈良成章さん(42)。催しを通じて「田部井さんがしたように、山に親しむ人の裾野をさらに広げたい」と話している。

 講演会は無料だが、市立図書館などで配る聴講券が必要。同協会(電話0265・81・7700)で電話でも受け付ける。14日のツアーについても詳細は同協会へ。

写真説明:2015年のウェストン祭で、駒ケ岳登山を前に掛け声を上げる田部井さん(左から4人目)ら



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun