信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

上高地 遊歩道
上高地 遊歩道

上高地 徳沢キャンプ場
上高地 徳沢キャンプ場

北ア 涸沢小屋
北ア 涸沢小屋

手付かずの自然が残る針ノ木谷
手付かずの自然が残る針ノ木谷

ナイロンザイル事件究明
ナイロンザイル事件究明

山野草や野鳥に心癒やされ 八島ケ原湿原散策ツアー
2017/08/12 11:24
YAMA2017081200861001.jpg

 諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる国天然記念物の八島ケ原湿原では、環境保全などに取り組むNPO法人「霧ケ峰基金」(下諏訪町)が散策ツアーを企画。理事長の小原宏文さん(46)が案内し、参加した地元住民4人が山野草を観察し、心を癒やした。

 標高約1630メートルの一帯は霧に包まれ小雨も降ったが、正午ごろには晴れた。約4キロのコースを3時間ほどかけて歩きながら、雨にぬれてしっとりとした山野草をゆっくり観察した。

 見頃を迎えているアカバナシモツケやコオニユリなどに加えて、7月末の見頃を過ぎたニッコウキスゲも残っており、小原さんは「今の時季はオールスター態勢です」と紹介。途中、薄紫色のヤナギランに止まる野鳥のノビタキや、ヨツバヒヨドリの群生地に飛び交うアサギマダラも見つけた。夫婦で参加した宮坂迪子さん(64)=岡谷市=は「私たちを歓迎してくれているのかな」と顔をほころばせた。

写真説明:コオニユリ(手前)などが咲く八島ケ原湿原で、小原さん(右)の解説を聞く参加者



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun