信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

デナリでの活動など語る 出身の飯田で登山家大蔵さん
2017/07/22 11:25
YAMA2017072200849401.jpg

 飯田市出身の登山家、大蔵喜福(よしとみ)さん(66)がこのほど、市公民館で講演した。1978(昭和53)年に世界で初めて7千メートル級のヒマラヤ・ダウラギリ三峰の縦走に成功するなどした登山家を知ってほしいと有志らが企画。約25年続けた北米最高峰のデナリ(旧称マッキンリー)での気象研究などについて語った。

 大蔵さんは、友人が89年にデナリで遭難死したことをきっかけに風速などの気象観測を始めた。デナリでは84年にも冒険家植村直己さんが強風で行方不明となったとされる。ただ、大蔵さんが25回登頂してデータを取った結果、「吹き飛ばされるほどの強風は観測されなかった。植村さんが行方不明になった原因は他にあるのではないか」と持論を述べた。

 講演は約30人が参加。南アルプス登山を盛り上げるには―との質問に、「山小屋の少なさは魅力でもある。テントで泊まりやすい環境をつくればどうか」と提案した。

 8月1〜18日には、飯田市の飯田信用金庫上飯田支店で、大蔵さんが撮影した山岳写真などを展示する。

写真説明:登山への思いなどを語る大蔵さん(左端)



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun