信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)


大町登山案内人組合
大町登山案内人組合

上高地閉山式
上高地閉山式

ビーコン
ビーコン

千畳敷
千畳敷

日本一高いバス停 乗鞍岳線に「標高2716メートル」
2017/07/04 10:55
YAMA2017070400832901.jpg

 乗鞍高原観光センター(松本市安曇)と乗鞍山頂・畳平(岐阜県高山市)を結ぶアルピコ交通の路線バス「乗鞍岳線」に、日本一高い場所にある停留所「標高2716メートル」が開設された。本格運行が始まった3日は風が強かったものの、停留所からは北アルプスの山々が見渡せた。

 停留所は県道乗鞍岳線上の長野・岐阜県境近く。「周辺を散策してもらうため」(同社)降車専用で、数百メートル離れた場所にある乗鞍山頂・畳平(2702メートル)の停留所でバスに乗ることができる。乗鞍岳線の今季の営業は1日に始まったが、雨のため初日の午後と2日の全便、3日の始発便まで運休になっていた。

 乗鞍岳線は近年、天候不順などの影響で利用客が減少傾向にあるという。同社新島々営業所の斉藤敦所長(43)は「『標高2716メートル』で降りて剣ケ峰への登山や畳平までの散策に使い、日本一を楽しんでほしい」と話していた。

 乗鞍岳線は10月31日までの運行を予定している。

写真説明:日本一高いバス停「標高2716メートル」=3日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun