信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

山岳リゾート交流提携へ 山ノ内町と米コロラド州ベイル町
2017/06/27 10:19
YAMA2017062700829801.jpg

 国内有数のスキーリゾート志賀高原がある下高井郡山ノ内町が、全米屈指の山岳リゾートを抱える米国・コロラド州ベイル町と友好交流の提携を結ぶ方向で調整してることが26日、分かった。年明けにも調印する見込みで、スキー場経営などの観光面や、子どもの相互交流も図りたい考えだ。

 山ノ内町総務課によると、ベイル町のスキー場面積は2141ヘクタールで志賀高原(425ヘクタール)の約5倍。宿泊者数は年間300万人に上る。スキー場周辺には高級ホテルやレストランなどが立ち並ぶ。夏場はゴルフやハイキング、コンサートなどを楽しめる。

 山ノ内町や町議会、志賀高原の観光協会や索道協会、旅館組合などの関係者10人でつくる訪問団(団長・竹節義孝町長)が7月17〜20日、招待を受けてベイル町を視察する。山ノ内町は年明けにベイル町の関係者を視察に招き、調印する方向で検討している。

 阿部守一知事が昨年8月にコロラド州を訪問した際、ベイル町を視察。日本の自治体と姉妹都市提携を結んでいないことを知らされた。県は海外との友好交流を後押しするため、志賀高原に加え、地獄谷野猿公苑の温泉に漬かる猿(スノーモンキー)が外国人観光客の人気を集めている山ノ内町に持ち掛け、調整してきた。

 竹節義孝町長は「行政と民間の交流を深め、米国一の山岳リゾートのおもてなしや料理、施設整備などのノウハウを学びたい。子どもが行き来する交流もできればいい」と話した。同町はこれまでに東京都足立区、群馬県玉村町、中国北京市密雲区と友好交流提携を結んでいる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun