信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

火山を学び、御嶽山へ慰霊登山 7月9日ガイドが説明
2017/06/08 11:06

 2014年9月の御嶽山噴火の犠牲者を追悼するとともに、火山についても知ってもらおうと、木曽町観光協会三岳支部(木曽郡木曽町)は7月9日、御嶽山への慰霊登山を行う。木曽町側の黒沢口登山道を登るルートで、登り始める前に、噴火当時の映像を見たり、ガイドから当時の様子やその後の安全対策などの話を聞いたりする予定だ。

 慰霊登山は昨年7月に町観光協会が行ったが、今回は火山学習も含めて行い、名称を「木曽御嶽山慰霊安全登山(仮称)」とした。当日は、御岳ロープウェイ山麓側の鹿ノ瀬駅前に午前9時に集合し、ガイドの話を聞いた後、ロープウエーで山頂側の飯森高原駅まで行く。そこから参加者各自の体力に合わせて8合目の山小屋「女人堂」か、9合目の山小屋「石室山荘」まで歩き、献花する。

 併せて、水源の二ノ池の水が降灰のために使えずにいる山小屋を支援するため、趣旨に賛同する参加者には500ミリリットル入りの水のペットボトルを1本ずつ購入してもらい、山小屋に運んでもらう。

 下山後に飲み物やデザートを味わい、ホテル木曽温泉で入浴もできる。9日から参加者を募集する。定員は30人ほどで、参加費は大人3千円、中学生以下2千円。申し込みは木曽町観光協会(電話0264・22・4000)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun