信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

上田の元教諭 出版
上田の元教諭 出版

北横岳登山
北横岳登山

中ア 西駒んボッカ
中ア 西駒んボッカ

千畳敷 山岳救助訓練
千畳敷 山岳救助訓練

富士見 入笠山
富士見 入笠山

中ア千畳敷で山岳救助訓練 遭難者搬送など
2017/05/16 11:21
YAMA2017051600801101.jpg

 中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)救助隊や駒ケ根署などは13日、中ア千畳敷カール(標高約2600メートル)と宝剣岳(2931メートル)近くの極楽平周辺で、合同山岳救助訓練を行った。救助の手順を確認し、実際の現場で臨機応変に対応できるよう意見交換した。

 合同訓練は救助の技術向上や連携強化が目的で、16人が参加。悪天候でヘリコプターが出動できない場合などを想定し、雪洞やテントでビバークしたり、スノーボートで遭難者を運んだりする訓練もした。この日の千畳敷は強い風雨だったが、参加者は「実践的な訓練になる」と表情を引き締めて取り組んでいた。

 千畳敷までロープウエーが通っていることから、一帯では十分な装備を持っていなかったり、初心者だけで登ったりする人も目立つという。同救助隊隊長の竹上静男さん(63)=駒ケ根市北割=は「山に入る前に目的地の天候や積雪を確認してほしい。登山計画書(登山届)を出し、自分の体力や技術に合わせた登山をしてほしい」と話した。

写真説明:スノーボートで遭難者を運ぶ訓練をする参加者



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun