信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

御嶽山
御嶽山

上田の元教諭 出版
上田の元教諭 出版

北横岳登山
北横岳登山

中ア 西駒んボッカ
中ア 西駒んボッカ

千畳敷 山岳救助訓練
千畳敷 山岳救助訓練

山を愛した故人しのぶ 松本で250人が足跡振り返る
2017/03/15 10:18
YAMA2017031500768901.jpg

 北アルプス最深部の黒部川源流域で三俣山荘を経営し、昨年6月に93歳で亡くなった安曇野市の伊藤正一さんを「偲(しの)ぶ会」が、松本市のあがたの森文化会館でこのほど営まれた=写真。山岳関係者ら約250人が参列。伊藤さんの足跡を写真で振り返るスライドの上映などを通じ、山を愛し続けた故人の冥福を祈った。

 伊藤さんは戦後間もない1947(昭和22)年、三俣蓮華小屋(現三俣山荘)の営業を開始。60年結成の勤労者山岳会(現・日本勤労者山岳連盟)の創設メンバーで、大衆登山の発展に力を入れた。連盟会長の西本武志さん(76)=東京都=は「特権階級のものとされた登山(文化)を、多くの人に開いた。自然保護や登山の安全にも取り組んだ」と故人の業績を挙げた。

 偲ぶ会は、家族や近親者らによる実行委員会が主催。生前に親交のあった元東京交響楽団チェリストのベアンテ・ボーマンさんによる演奏もあった。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun