信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

厳しい冷え込み「気を付けて」 松本・安曇野に登山相談所
2016/12/29 09:58
YAMA2016122900735101.jpg

 北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会救助隊と県警山岳遭難救助隊は28日、北アの玄関口となる松本市安曇の中の湯と、燕岳につながる安曇野市の宮城ゲート付近に「登山相談所」を開設した。31日まで両救助隊の7人が入山者の登山計画書をチェックしたり、気象情報を提供したりして、安全な山行を呼び掛ける。

 中の湯の相談所は午前8時半に開き、次々と登山者が立ち寄った。北ア南部地区遭対協の救助隊長で涸沢ヒュッテ社長の山口孝さん(69)は「雪は少ないが、寒いので気を付けて」などと伝えた。壁には北ア南部地区で2008年以降に起きた主な遭難をまとめた表を掲示した。

 仲間と2人で明神岳を目指し、クライミングをする予定の会社員武藤朋昭さん(48)=神奈川県茅ケ崎市=は「食料は2日分多く用意し、日程にも余裕を持たせているが、天候をよく見極めて無事に下山したい」と話していた。

 北ア南部地区遭対協によると、28日の上高地の積雪は約10センチ。例年より少ないが冷え込みは厳しく、装備を充実させ、凍結した登山道に注意するよう助言している。

写真説明:入山者に安全な登山を呼び掛ける山口さん(中央)



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun