信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

北アなど積雪例年並み 県警が冬山情報発表
2016/12/22 11:07

 登山者が増える年末年始(29日〜来年1月3日)を前に、県警山岳安全対策課は21日、北アルプスなどの冬山情報を発表した。県内の主要山域の積雪は例年並みだが、12月に入って既に八ケ岳連峰で遭難が起きており、同課は「事前の情報収集をしっかりして、天候が悪化しそうな場合は無理せず入山を控えてほしい」と呼び掛けている。

 今月19日午前10時現在の積雪は、北アの西穂山荘付近100センチ、八方池山荘付近30センチ、中央アルプスのホテル千畳敷付近100センチ、八ケ岳の黒百合ヒュッテ付近50センチなど。

 八ケ岳連峰の横岳付近では今月15日、男性2人が滑落したり、動けなくなったりして、翌日、茅野署員らに救助された。いずれも軽傷。昨季の年末年始に県内で発生した山岳遭難は4件で、死者1人、重傷者3人だった。

 県警は近く、今月中旬に県警ヘリコプターで撮影した北ア槍ケ岳、南アルプス仙丈ケ岳などの積雪状況をホームページで公開する。主要山域の登山の注意事項をまとめた小冊子「冬山情報」も県内外の登山用品店などで配布する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun