信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

山岳高原の魅力、見開き写真で 伊那谷・木曽谷のパンフ
2016/12/20 10:14
YAMA2016122000732501.jpg

 上下伊那、木曽地域の行政や観光団体などでつくる「伊那路・木曽路広域観光連携会議」は、伊那谷、木曽谷の景観や文化などを紹介するフォトパンフレットを作った。見る人の視覚に訴えようと、1枚の写真を見開きで大きく載せ、説明文をできるだけ省いた。訪れたことがない人やアウトドアに関心のある若者らに、山岳高原としての地域の魅力を伝える。

 見開きページを中心に、それぞれの被写体から連想する色彩をタイトルに添えた。「3067mの瑠璃色」は、たなびく雲と紫がかった空の間に浮かぶ御嶽山の山容を、中央アルプス空木岳から捉えている。木曽郡大桑村の阿寺渓谷の1枚は、錦秋に清流が映える。下伊那郡阿智村の一本桜「駒つなぎの桜」は、満天の星空と共に収めた。

 湖や花、伝統芸能、食なども幅広く紹介。広域観光連携会議の構成市町村の若手職員らを中心に内容を考えた。事務局の駒ケ根市観光推進課は「興味のなかった人にも手に取ってもらえるよう、思い切って説明文を省くなど、これまでと違ったものにした」としている。

 A4判カラーで28ページ。5万部作り、構成市町村の窓口や観光協会などに置いた。無料。

写真説明:雄大な景観を見開きで見せるなど工夫したフォトパンフレット


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun