信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

石室の軌跡掲げる台設置 西駒山荘[山小屋メール]
2016/08/25 10:07
YAMA2016082500669801.jpg

 中央アルプス・西駒山荘は1915(大正4)年に建設された石室(いしむろ)がその始まりです。現地の石を割って積み上げた壁と、近くの山から切り出して運び製材した屋根の骨組みは現在も現役です。天井板には大正時代の登山者の落書きが読み取れます。一昨年の建て替え工事の際は、内部に通路の土間を設けて、建設当初の姿に近づけました。

 今年は石室が登録有形文化財に指定され、その証明となるプレートが交付されることになりました。今回、石室の沿革の説明文とプレートをはめる架台の設置工事をしました。プレートは9月のイベントで一般の人々に背負って運び上げていただく予定です。

 一昨年に新築された本棟と100年余の伝統がある石室が並ぶ風景は、これまでの歴史と、これからの未来を象徴しているように頼もしく見えています。

(西駒山荘管理人・宮下拓也)

写真説明:登録有形文化財を示すプレート台の設置作業=23日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun