信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

8月は晴天多く熱中症注意 県警が夏山情報
2016/07/08 10:01

 県警山岳安全対策課は7日、県内山岳の夏山情報(7〜8月)を発表した。今季は暖冬の影響で残雪は少ないものの、8月は晴れの日が多くなるとの予報があるため、熱中症対策の徹底などを呼び掛けている。

 同課は、8月11日に初めて国民の祝日「山の日」を迎えることもあって、例年よりも登山客が多くなる可能性があるとみている。

 県警は、北アルプス、中央アルプス、八ケ岳などのエリアごとに、迷いやすい場所や落石などの危険がある地点をまとめた冊子を6千部作り、各登山口や首都圏の山岳用品店で配布。6月下旬には北アルプスの主要登山道の危険箇所を県警ヘリコプターで撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

 同課によると、昨年の夏山シーズンに県内で発生した山岳遭難は108件。1954(昭和29)年の統計開始以来、2012年に続き2番目の多さだった。疲労による転倒、滑落が原因となったケースが多かった。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun