信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

雨飾山、小谷で2年ぶり「夏山開き」 地震から登山道復旧
2016/07/04 10:08
YAMA2016070400643901.jpg

 小谷村と新潟県糸魚川市境にある日本百名山、雨飾(あまかざり)山(1963メートル)の「夏山開き」が3日、同村大網(おあみ)地区であった。2014年11月に県北部で発生した地震によって登山道の一部に亀裂が生じ、住民が修復して2年ぶりの開催にこぎ着けた。記念登山は荒天で取りやめたが、地区内の古宮諏訪神社でシーズン中の安全を祈願した。

 亀裂は昨年5月、同地区からの登山道の途中にある尾根で複数見つかった。同地区観光委員会の4人が今年5月、現地へ出向いて土や石などで埋めた。昨年と比べて亀裂の大きさに目立った変化がなく、同委員会は今後も崩落の恐れは少ない―と判断。登山道の安全が確保できたとし、今回の夏山開きに至った。

 3日朝は雨天にもかかわらず、県内外から約50人が古宮諏訪神社に集まった。同委員会は、尾根で強風が予想されたため記念登山の中止を決めたが、参加者はお参りをしてから記念写真に納まった。

 委員長の原俊司さん(72)は「雨飾山は大網の守り神のような存在であり、登山者に人気の百名山でもある」と登山道の復旧を喜び、「今年は多くの人に訪れてほしい」と話していた。

写真説明:古宮諏訪神社で記念撮影する雨飾山夏山開きの参加者ら


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun