信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

美ケ原にぎわい願い 松本駅から直行バス運行開始
2016/06/18 14:33
YAMA2016061800622101.jpg

 8月11日に国民の祝日「山の日」を初めて迎える今年の観光シーズンに合わせ、松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる美ケ原高原と松本市の松本駅を結ぶ「直行バス」の運行が18日、始まった。松本駅の乗り場で午前8時発の第1便出発前にセレモニーがあり、松本市の関係者や乗客ら約50人が出席。山への関心が高まる機運を生かし、例年以上のにぎわいを願った。

 バスは、「山の日」制定を契機に市街地と高原のアクセスを向上させようと、松本市や市内の観光関係団体などでつくる組織委員会が運行を決めた。市内の美ケ原温泉、浅間温泉、美鈴湖を経由する。2009年までは駅と高原を美鈴湖経由で結ぶ民間路線バスが走っていた。

 神奈川県藤沢市から観光で訪れた田中郁夫さん(80)は「車を運転しないのでこれまで行きたくても行けなかった。天気も良く、散策が楽しみ」と話した。第1便にはスペインからの訪日客を含む18人が乗車。松本市の漫画家鈴木ともこさんデザインの手拭いが贈られた。

 バスは、9月19日までの土日曜・祝日に運行(6月26日は午後のみ)するほか、7月25日〜8月31日は毎日走らせる。1日2往復。松本駅発は午前8時と午後1時半。美ケ原高原発は午前11時と午後4時半。松本駅―美ケ原高原間が片道千円(小学生半額)。

写真説明:松本駅アルプス口で美ケ原高原直行バスの第1便に乗り込む人たち=18日午前7時50分


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun