信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア針ノ木雪渓で「慎太郎祭」 記念登山や自然観察
2016/06/06 10:07
YAMA2016060600615401.jpg

 日本三大雪渓の一つ、北アルプス針ノ木岳(2821メートル)の針ノ木雪渓で5日、「第59回針ノ木岳慎太郎祭」があった。例年にない雪不足に見舞われたが、式典は雪渓で開催。登山者ら約200人が参加し、針ノ木峠を目指す記念登山や、周辺の自然観察をそれぞれ楽しんだ。

 大町市を拠点に国内初の登山案内人組合をつくった百瀬慎太郎(1892〜1949年)の功績をたたえる恒例行事。大町山岳会によると、今季は例年より1カ月ほど早く雪解けが進んでいる。雪渓までの登山道では早くもサンカヨウやシラネアオイなどの花が見頃に。例年は雪に覆われる式典の会場周辺も所々に岩肌が露出していた。

 シーズン中の安全を祈る神事を行い、全員で「雪山讃歌」を合唱した。北安曇郡小谷村の主婦斉藤幸子さん(71)は「雪渓を歩くのはわくわくします」と話し、針ノ木峠に向かった。

写真説明:針ノ木雪渓での式典を終え、針ノ木峠を目指す登山者



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun