信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

中ア・南ア4山小屋の管理人公募 伊那の第三セクター
2016/01/28 10:58
YAMA2016012800543701.jpg

 中央、南の両アルプスで山小屋を運営する第三セクター伊那市観光は、四つの山小屋の管理人を公募している。所有者の市から来年度以降も指定管理を受けることが決まったのを機に、幅広く人材を募る。同社総支配人の浦野芳一さん(57)によると、管理人公募は近年例がない。

 山小屋は、中ア将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)直下の「西駒山荘」、南アは「北沢峠 こもれび山荘」、仙丈ケ岳(3033メートル)の「仙丈小屋」、塩見岳(3047メートル)の「塩見小屋」。管理人は主に、接客や営業、登山者への安全指導、山小屋の保全管理、周辺の環境美化などに当たる。

 業務委託期間は原則4月1日から1年間で、再委託も可能。働く山小屋は本人の希望を考慮する。浦野さんは「利益や登山者の安全を確保でき、周囲の環境にも配慮できる人を求めたい。多くの人に応募してほしい」と話す。

 応募資格は満30歳以上で、山小屋勤務の経験が5年以上ある人(今年3月1日時点)。伊那市内に住所があるか、採用後に市内に居住できる人が対象だ。2月22日まで願書を受け付ける。書類選考、面接を経て3月中旬に可否が決まる。問い合わせは同社(電話0265・94・6001)へ。

写真説明:将棊頭山から見た西駒山荘と南アルプスの山々=昨年12月20日


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun