信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

山の魅力、カレンダーに 初「山の日」へ、中信森林管理署
2015/12/19 11:44
YAMA2015121900531701.jpg

 林野庁中信森林管理署(松本市)は、署員が撮影した北アルプスの山岳風景や高山植物の写真をあしらった2016年のカレンダーを作った。カレンダー作りは初めてで、16年から8月11日が国民の祝日「山の日」となることも踏まえた。多くの人に使ってほしいと、同署のホームページから無料でダウンロードできるようにしている。

 同署は昨年、署員が撮影した高山植物の写真を使ったトレーディングカードを作成。高山植物を守るパトロールの一環で登山者に配ったところ好評だった。写真の新たな利用方法を考え、季節に応じた写真を月1枚ずつ付けるカレンダーで、管内の豊かな自然を発信することにした。

 「2016国有林の四季」と題名を付け、職員が最近数年間に撮影した写真から厳選した。アツモリソウ(4月)やコマクサ(8月)といった高山植物、穂高連峰と梓川の上高地(5月)のほか、赤く染まる槍ケ岳(7月)、雪化粧した白馬岳(12月)など迫力ある山岳写真が多い。

 ホームページに画像データを掲載しており、ダウンロード後、好みの大きさの紙に印刷して使う。中信森林管理署の担当者は「来年は、初めての国の『山の日』を迎える。カレンダーが山を訪れるきっかけになればいい」と期待している。

写真説明:北アルプスの風景写真を集めた中信森林管理署のカレンダー



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun