信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

小野寺昭さんトークショー 松本山岳フォーラム最終日
2015/11/30 10:02
YAMA2015113000503601.jpg

 松本市のまつもと市民芸術館で開いていた「岳都・松本山岳フォーラム2015」(松本市、信濃毎日新聞社などでつくる実行委員会主催)は最終日の29日、日本百名山のうち60座に登った俳優小野寺昭さんのトークショーや、山の魅力を考えるパネル討論などを行った。

 テレビ番組の撮影をきっかけに50代から本格的に登山を始めた小野寺さんは、「自分で計画を立て、無事に山を下った時に達成感や充実感がある」と登山の楽しさを紹介。北アルプスの剣岳や北穂高岳を登ったエピソードも話し、「山に登ることが俳優を続ける体力のバロメーター(指標)になっている」とした。

 パネル討論では、飯山市出身で東京学芸大の小泉武栄(たけえい)名誉教授(自然地理学)が「高山植物が豊かな日本の山は世界的にも貴重」と強調。全国「山の日」協議会事務局長で登山家の磯野剛太さんは「登ることの達成感と自然が持つ美しさへの感動」を山の魅力に挙げた。

 ヨーロッパ・アルプス三大北壁のアイガーに登頂したスイス人登山家ロジャー・シャーリさんの講演もあった。

 横浜市から訪れた会社員松田和久さん(33)は「自分には登ることができないアイガーの講演が特に面白かった」と話した。

写真説明:自身の登山体験を交えながら話す小野寺昭さん(左)


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun