信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北アの遭難防止へ取り組み紹介 3県、松本で連絡会議
2015/11/18 10:19
YAMA2015111800500101.jpg

 北アルプスの山岳遭難防止について話し合う山岳遭難防止対策連絡会議が17日、松本市内で開かれた。長野、岐阜、富山3県の県職員や山小屋関係者ら116人が出席。各県の取り組みを紹介し、意見を交わした。

 3県持ち回りで57回目。涸沢ヒュッテの山口孝社長(68)はヘルメットの着用率の高まりに触れて、「登山者の(安全登山の)意識が変わった」と指摘した。岐阜県警山岳警備隊は、県条例で登山届提出が義務化され、今年1月から10月末までの提出数が前年同期比で23%増の計2万7804件だったと報告した。

 出席者からは、外国人登山者への情報提供の強化を求める声が出た。北ア南部地区の遭難救助費用の未払いについても取り上げられた。3県の今年の遭難件数は10月末時点で471件(死者77人)。うち北アルプスの長野県側では154件(同31人)だった。

写真説明:各県の取り組みを紹介したパネル討議=17日、松本市


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun