信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

赤岳山頂の黒猫、冬が近づき保護 飼い主探しへ
2015/10/27 10:18
YAMA2015102700494001.jpg

 八ケ岳連峰の最高峰、赤岳(2899メートル)山頂付近にすみ着いていた黒猫が山小屋関係者によって保護され、26日に諏訪市の県諏訪保健福祉事務所に運び込まれた。健康状態に問題はなく、毛並みも良いという。同事務所は今後、飼い主を探すとしている。

 山頂脇の山小屋「赤岳頂上山荘」によると、黒猫は8月中旬ごろから姿を見せ、登山者から食べ物をもらうなどしていた。山では本格的な冬が近づき、山小屋の営業も11月初めで終了するため、諏訪保健福祉事務所が22日、同山荘と近くの山小屋「赤岳天望荘」に保護を依頼。頂上山荘内の一室に閉じ込めて26日朝に捕まえ、同事務所が提供したケージに入れた。頂上山荘と天望荘のスタッフがケージを背負って下山した。

 同事務所によると、黒猫は比較的若い雄で雑種とみられる。飼い猫だった可能性もあり、特徴をホームページに掲載したり、周辺市町村に情報提供したりして飼い主を探す予定だ。一定期間が過ぎても飼い主が現れない場合は引き取り手を探すという。

 黒猫は登山者の間やインターネット上で話題となり、山小屋などに「助けてあげて」といった電話が相次いでいたという。天望荘を経営する藤森周二さん(51)=諏訪市=は「無事に保護できてほっとした。早く飼い主が見つかってほしい」と話している。

写真説明:赤岳山頂付近で保護され、県諏訪保健福祉事務所に運び込まれた黒猫


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun