信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア「一般登山道」10年がかりで踏破 松川村の赤沼さん
2015/10/22 10:13
YAMA2015102200491501.jpg

 松川村板取の赤沼健治さん(70)が、大手出版社の北アルプスの地図に載る「一般登山道」を歩き切る―という挑戦を約10年がかりで成し遂げた。30年ほど前に登山を始め、これまでに「日本百名山」「信州百名山」の全てに登頂。体力の衰えなどを理由に本格的な登山は来季以降は控えるつもりで、「最後に自ら掲げた目標を達成できて感激」と喜んでいる。

 赤沼さんは、昭文社(東京)の「山と高原地図」で実線で示された道を「一般登山道」と定める。子どもの頃から身近だった北アルプスの全ての登山道を歩こうと決め、6〜10月の夏山シーズンに入山を繰り返した。下山後、歩いた道を地図上で探して蛍光ペンでなぞっていった。

 64歳で再就職してからは休日が少なく、体力の衰えも感じて諦めようとしたことがあった。しかし、3年前に退職して時間に余裕ができたため、「最後までやり抜こう」と奮起。9月29日から10月1日にかけて、最後に残った富山県の立山周辺の登山道を歩いて、念願をかなえた。

 赤沼さんは「同じ北アでも、歩く登山道によって全く異なる景色が楽しめる」と強調する。「まだ歩いたことのない道を歩いてみたい。そういう探求心があった」と自らの挑戦を振り返った。

写真説明:歩いた道を蛍光ペンでなぞった北アルプスの地図を広げる赤沼さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun