信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

御嶽山、スマホで登山届 登山口など2次元コード
2015/09/13 10:36
YAMA2015091300476901.jpg

 木曽郡木曽町は、登山者がスマートフォンで2次元コードを読み取り、登山届を提出できるシステムの運用を16日から始める。12日は、町観光交流課の職員が御嶽山の登山口など4カ所に2次元コードを印刷した看板を立てた。今後、山小屋にも看板を設置する。

 昨年9月の御嶽山噴火災害では、入山者の把握に時間がかかった。そこで町は、従来の書類による登山届に加え、スマホを使った届け出も可能にするほか、町側が登山者が通過した場所を把握できる仕組みの導入を検討していた。

 登山者は登山口で2次元コードを読み取った後、登山口や下山口、名前、一緒に登る人数、緊急時の連絡先などを入力する。途中の山小屋などで2次元コードにスマホをかざすことで、町や家族に登山者の位置情報が届く仕組みだ。

 登山者がけがをしたり、遭難したりした場合、このシステムで町に救助を求めることができる。町は山小屋と情報をやりとりし、火山情報や急な天候の変化の情報を登山者に伝える。

 星野亮二・町観光交流課長は「登山届を書いて提出することに加え、このシステムも活用してもらい、安全登山につなげてほしい」と話している。

写真説明:運用開始に向け、御嶽山6合目の中の湯に看板を設置する職員=12日、木曽町



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun