信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

中ア西駒山荘「石室」100年 伊那で記念の企画展
2015/07/02 11:00
YAMA2015070200429701.jpg

 中央アルプス将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)直下の山小屋、西駒山荘の石室(いしむろ)の築100周年を記念する企画展「忘れ得ぬ明日への碑(いしぶみ)」が1日、伊那市創造館で始まった=写真。石室を築くきっかけとなった1913(大正2)年の学校登山の遭難にまつわる品、西駒山荘となる前の小屋の写真などを展示。小屋の歴史とともに山との向き合い方を伝えている。

 市と市教育委員会が主催。昨年9月の噴火時に御嶽山にいた同市長谷の山岳写真家津野祐次さん(69)が撮った写真20点、火山灰をかぶったカメラやザックも並ぶ。捧(ささげ)剛太館長(56)は「あらためて登山の魅力や安全を考えるきっかけにしてほしい」としている。

 男性6人が石室でいろりを囲む写真は、石室完成から3年後の18年に撮影。整然とした石積みとしっくいから丁寧な仕事ぶりが分かる。小屋を増築した49(昭和24)年の1枚は、背丈以上の資材を背負って登る男性の姿から高地作業の苦労が伝わる。昨年8月に終わった西駒山荘改築の様子も写真で紹介している。

 13年8月の中箕輪尋常高等小学校(現上伊那郡箕輪町箕輪中学校)の遭難で、引率して亡くなった赤羽長重(ちょうじゅう)校長が当時、身に着けていたとされるシャツや眼鏡、遭難を題材にした映画「聖職の碑」のポスターもある。

 31日までの午前10時〜午後5時。火曜休館。25日午後1時半から津野さんの講演、唐木真澄・県山岳協会長、白鳥孝伊那市長とのパネル討論がある。入館、聴講とも無料。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun