信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

新潟焼山、あすから登山届を義務付け 小谷側からの入山でも必要に
2015/05/31 10:36

 昨年9月の御嶽山噴火を受け、新潟県議会が3月に可決した、火山の新潟焼山(2400メートル)の入山者に登山届を義務付ける条例が6月1日、施行される。山頂から半径2キロ以内に入山する際に登山届が必要になる。

 登山届には、登山者の住所、氏名、年齢、性別、登山行程、装備品や食料の内容、登山中に連絡の取れる携帯電話などの連絡先、自宅などの緊急時連絡先を記入する。書式は問わない。

 登山届は1日から新潟県妙高市内の5カ所の登山口に設ける専用の箱に入れる。インターネットを利用した日本山岳ガイド協会の登山届システム「山と自然ネットワークコンパス」での届け出も可能。

 登山届を出さずに山頂付近に入った登山者には、知事が警告を出せる。警告に従わない場合、5万円以下の過料を科す。罰則は2年以内の周知期間を経て施行される。

 新潟県防災企画課によると、北安曇郡小谷村側からの入山でも、山頂付近に入る場合は登山届が必要。同課はコンパスの利用を呼び掛けている。問い合わせは同課(電話025・282・1605)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun