信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

山登り、危機感持って 松本で県山協セミナー
2015/02/02 11:14
YAMA2015020200353901.jpg

 県山岳協会は1日、山で役立つ知識を学びながら交流を深める「山のセミナー」を松本市あがたの森文化会館で開き、会員や登山愛好家ら約50人が参加した。昨年9月の御嶽山噴火から生還した飯島町の山岳ガイド小川さゆりさん(43)が、危機感を持って山と向き合うことの大切さを訴えた。

 小川さんは最初に噴火の音を聞いた時、登山道脇の岩に体を張り付けて身を守った。「ガスで視界が遮られる前に逃げられたのは10秒、15秒」といい、「噴煙を見た次の瞬間から命を守る行動に移れたのは、多少なりとも危機感があったからだ」と話した。

 遭難防止策について講演した県山岳遭難防止アドバイザーの中嶋豊さん(62)=長野市=も御嶽山の噴火に触れ、「誰も噴火を想定していなかった。火山への意識改革が必要だ」と強調した。会員による海外登山の報告、自分の実力に合った山登りの仕方を解説する講演もあった。

写真説明:御嶽山の噴火災害での経験を語る小川さん(奥中央)


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun