信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

浅間山火山情報を携帯に 小諸市、サイトのPR強化
2014/11/06 11:06
YAMA2014110600312301.jpg

 戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火を受け、小諸市は浅間山の火山活動や気象の情報を携帯電話のメールで配信する「浅間山倶楽部(くらぶ)ポータルサイト」のPRを強化する。浅間山荘前、車坂峠の両登山口と山腹にある市営火山館前の3カ所に、利用を呼びかける看板を新設する計画だ。2010年4月に運用を始めたが、利用者が増えていないとみられるためだ。

 登山者が入山する際、携帯電話からサイトに登録すると、山を下りて下山登録をするまでの間、急に火山活動が活発化した時や気象警報が発表された時にメールが配信される。サイトのトップページには、噴火警戒レベル(現在は1=平常)も表示している。

 2004年に浅間山が噴火した後、山麓の5市町村や県、国土交通省、NPO法人などが共同で開発した。

 何人が登録したかの記録はないが、小諸市総務課はサイトへのアクセス数が年3万回弱であることから、実際の利用者は年数百人と推測。入山者(昨年は約7万4900人)のごく一部とみている。

 一方、浅間山火口まで2キロ前後の「湯の平」などの登山道では携帯電話が使えないため、市は基地局設置を携帯電話会社に要請するよう、県に要望している。

写真説明:浅間山倶楽部ポータルサイトのトップ画面



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun