信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

白馬三山の四季を切手に 白馬郵便局が20日から販売
2014/10/18 10:07
YAMA2014101800306401.jpg

 白馬村の白馬郵便局は20日から、北アルプス白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳)の写真を印刷した切手シートを販売する。白馬商工会が村の魅力を発信しようと、山岳を生かした郵便商品づくりを提案したのがきっかけ。四季で異なる三山の表情などを82円切手10枚に収めた。

 切手の大きさは2種類あり、横約8センチ、縦約4センチが2枚、縦横約4センチが8枚。横長の2枚には白馬連峰と朝焼けの白馬三山の写真を採用し、残りは四季折々の三山の風景を使った。村のキャラクター「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男3世」が入った1枚もある。

 同郵便局や商工会によると、観光客を中心に「ご当地切手」を求める声があり、商工会事務局は「白馬の魅力を広めるきっかけにしたい」としている。

 シートは1枚1230円(税込み)で、中信地方の郵便局100カ所余で販売。白馬商工会事務局も21日から、諸経費込みで1300円で売り出す。

写真説明:白馬郵便局が販売する切手シート


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun