信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

漫画のチラシで遭難防ごう 松本の鈴木さんがデザイン
2014/08/16 11:05
YAMA2014081600256201.jpg

 「山ガール」ブームの火付け役になった漫画家の鈴木とも子さん(36)=松本市=が、県山岳遭難防止対策協会(県遭対協)のチラシをデザインした。言葉で伝えづらい遭難防止のポイントを、ユーモアを交えた漫画で分かりやすく描いており、県内の山小屋約200軒に配布を始めた。

 県内の救助隊員の助言を参考に作成。チラシは表と裏に印刷し、黄色の表は「これはキケン×」と記して「険しい岩場でストックを使う」「登山計画書を出さない」など、登山中にやってはいけない8項目を描いた。ピンク色の裏には「これで安心○」をテーマに「岩場でヘルメットを着用する」など安全のためにすべき7項目をまとめた。

 鈴木さん自身をキャラクターに、素朴な味わいの絵柄で描かれている。例えば「天気予報を確認する」の項目。夫婦が雨の中を歩き「登頂は今度にしよう」と話す夫に、妻が「じゃあ今日は(酒を)飲んじゃう」と返すやりとりが楽しい。

 今年も遭難件数が前年並みで推移する中、県遭対協が「言葉や活字だけでは伝わらない」と人気漫画家の鈴木さんに執筆を依頼した。鈴木さんは、長野市内のデザイナーの協力を得ながら作った。「従来の啓発活動は上から目線で、登山をやめたくなるような内容もあった。チラシを見て、安全に気を付けて山に行こうと思ってほしい」と話している。

 県遭対協は、チラシを大きなポスターにして登山口などへの掲示も検討している。

写真説明:「これで安心○」「これはキケン×」と、チラシの裏表を見せる鈴木さん


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun