信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

登山みやげに新たな手拭い 北ア・常念小屋
2014/08/05 10:23
YAMA2014080500253101.jpg

 北アルプス常念岳(2857メートル)を目指す登山者を迎える常念小屋が今季、新しいデザインの手拭いを発売した。昨夏、小屋で働いていたアルバイト従業員の女性が、常念岳の魅力を伝えるおみやげを作りたい―と企画。若い登山者を中心に売れ始めている。

 使うほどに自然の風合いが増すよう、手染めで緑色に染めた。雪が解けた黒い山肌が僧侶のように見える雪形「常念坊」や、ライチョウ、コマクサ。物資輸送に活躍したヘリコプター「ラマ」など、常念岳に関わるさまざまな要素をちりばめた。

 常念小屋は10年ほど前から、手拭いを1種類だけ販売してきた。小屋と山を描いた、いかにも山小屋らしいデザイン。近年は「山ガール」と呼ばれる女性登山者も増え、楽しさが感じられるデザインにした。支配人の山崎直人さん(68)は「眺望を楽しみながらゆっくり登り、この手拭いで汗を拭ってもらえればうれしい」と話していた。

写真説明:従来の手拭い(上)と、ライチョウやコマクサなどが描かれた新しい手拭い(下)


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun