信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

トイレやストック…マナーOK? 南ア・北沢峠で呼び掛け
2014/08/03 10:21
YAMA2014080300252501.jpg

 登山者でにぎわう長野県伊那市・山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で2日、「マナー&クリーンアップ・チャレンジ2014in南アルプス」が、2日間の日程で始まった。山と渓谷社(東京)、同社設立の日本山岳遺産基金(同)が主催し、伊那市が共催。アンケートなどで自然保護や遭難防止を呼び掛け、携帯トイレやごみ袋を無料で配った。

 アンケート項目は、ストックの先端にゴムキャップを付けたか、トイレ使用の協力金を払ったか―など。携帯トイレ普及につなげるため、携帯トイレで用を足すためのブースが必要と思う場所も聞いた。答えた人にはノンアルコールビールや特製手拭いなどを贈った。

 携帯トイレについては5日まで、北沢峠に使用済みの回収箱を置いている。基金事務局の林弘文さん(55)によると、昨年のアンケートでは、ストックの使い方やトイレ使用の協力金を知らない人がおり、ニホンジカの食害もあまり意識されていなかった。「場所によってストックの使い分けが必要なことなどに気付いてほしい」と話す。

 大阪府の中学1年、村里水輝君(13)は登山愛好会の13人で仙丈ケ岳(3033メートル)に登り、2日、北沢峠に下りた。携帯トイレを持参し、歩く際は「木の根を傷つけないように登った」と話していた。

写真説明:北沢峠でアンケートに答える登山者ら



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun