信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

駒ケ岳山麓「ストリートビュー」に 宮田の有志ら撮影
2014/07/29 11:20
YAMA2014072900250901.jpg

 道路沿いの風景を360度のパノラマ写真で表示する、インターネット検索大手グーグルの地図検索サービス「ストリートビュー」で、上伊那郡宮田村の中央アルプス駒ケ岳山麓の画像が公開された。村民有志の団体「宮田村インターネット博物館」が、同社のバックパック型撮影機材「トレッカー」の無償貸し出しを受け、村や観光協会などと協力して撮影した。将来は撮影範囲を中ア駒ケ岳まで広げて世界に発信する考えだ。

 宮田村の画像は、高原や林道が中心で人家がほとんどなく、プライバシー侵害などの問題は起きにくい。有志らは、山岳観光の新しい情報発信手段と考えている。

 無償貸し出しの「トレッカーパートナープログラム」は昨年7月に始まった。1年間で、県内唯一の宮田村や、ローカル鉄道・地域づくり大学事務局(茨城県)、立山黒部貫光(富山県)、「おくなわプロジェクト推進協議会」(沖縄県)など計9団体が参加。撮影した画像が28日までに公開された。

 グーグル広報部によると、他にも申し込みが多数ある。「観光をはじめとする情報発信、地元活性化に活用されているようだ」とする。

 トレッカーは重さ20キロほど。宮田村では昨年11月、ボランティア20人が交代で背負い、駒ケ岳登山道に続く黒川林道(一般車通行不可)、寺沢林道、宮田高原、麓の遊歩道「こもれ陽(び)の径(みち)」や日暮の滝などで撮影した。人の顔などは判別できないようにして公開されている。

 伊勢滝などの観光名所や駒ケ岳の登山道は、雪のため見送った。「博物館」代表の天野早人さん(35)は「画像を見て、いろいろな人に宮田村へ来てもらいたい。今度は良い時期に撮影し、早く駒ケ岳につなげたい」としている。

写真説明:「ストリートビュー」で宮田高原の映像を見る天野さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun