信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア槍沢上部に残雪多く 山小屋「慎重に歩いて」
2014/07/25 11:29
YAMA2014072500249101.jpg

 北アルプス槍ケ岳に通じる槍沢の上部は今夏、残雪が多く、一部の登山道が雪渓に覆われている。5、6月に雨が少なかったためとみられる。近くの山小屋などは、雪道に不安がある場合は軽アイゼンやストックを携行するよう呼び掛けている。

 24日現在、登山道が雪渓に覆われているのは、槍沢ロッヂより上の、大曲(おおまがり)と呼ばれる地点から上の区間。雪渓が広がり、登山道のかなりの部分が雪の下に隠れている。登山者の多くは、登山靴に軽アイゼンを付け、雪上を慎重に歩いている。

 夫と槍ケ岳に登り、20日にこの道を通った兵庫県西宮市の主婦藤井恵美さん(36)は「アイゼンがなかったので滑って転びそうになった」と話していた。

 東京からのツアー客を案内した埼玉県の山岳ガイドも「例年より残雪が多い」。槍沢ロッヂの佐藤久明支配人(58)は「雪渓でアイゼンがない人は、登山靴の跡を利用して慎重に歩いてほしい」と注意を促していた。

写真説明:槍ケ岳に続く登山道を覆う雪渓を列になって歩く登山者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun