信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

中ア駒ケ岳に登ってゲット 26・27日にバッジと地図
2014/07/15 11:51
YAMA2014071500244201.jpg

 上伊那郡宮田村の第三セクター宮田観光開発は、初の「信州山の日」となる今月27日と前日の26日、中央アルプス駒ケ岳(2956メートル)で運営する三つの山小屋の利用者や駒ケ岳の登頂者計300人に、オリジナルバッジや地図を贈る。同社は今季から山小屋のトイレを全て環境型にしており、山岳環境の保全にも理解を深めて、と呼び掛けている。

 宝剣山荘、天狗(てんぐ)荘、駒ケ岳頂上山荘の利用者か、駒ケ岳の登頂写真(カメラの液晶でも可)を見せた人が対象。バッジには、駒ケ岳周辺でしか見られない「ヒメウスユキソウ」の白い花をあしらった。地図は同村有志でつくる団体が昨年、駒ケ岳の登山ルートや見どころを紹介するために作った。

 同社は昨年度、国の補助で天狗荘のトイレを一新。し尿をバクテリアなどで分解して水を循環させる方式にした。維持管理などのため、既に環境型にしてある宝剣山荘、頂上山荘のトイレと同様に有料化(200円)する。春日喜明社長(65)は「需要に応えられるよう最低限の環境整備が必要」とする。

 宝剣山荘では登山用ヘルメットも貸し出している。春日社長は「登頂して高山植物や星空など素晴らしい大自然を楽しんでほしい」と話していた。

写真説明:プレゼント用のオリジナルバッジと地図



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun