信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

ズミとエゾノコリンゴ違いは 霧ケ峰:ヒュッテ・ジャヴェル[山小屋メール]
2014/06/25 11:05
YAMA2014062500233601.jpg

 春に加え、夏の訪れも遅い標高1600メートルの高みに、6月の梅雨が訪れた。ミズナラの芽吹きが始まり、シラカバの柔らかい若葉も、きらきらと晴れ間の日差しを照りかえす。しばらくの間、小屋の庭に咲くズミの盛りが続いた。

 そんな時、ズミに似たエゾノコリンゴと「どこが違うの?」と問う人がいた。この時季、よく尋ねられるが、単に葉が裂けていないのがエゾノコリンゴ、若い枝の葉の中に先が三つに裂けているのがあれば、ズミと呼ぶらしい。

 年々歳々、律義に訪れるこれらの木々の淡い緑や盛りの花々を、今年も待ち望んだ人たちは多い。

 (ヒュッテ・ジャヴェル 高橋保夫)

 八ケ岳連峰、霧ケ峰、入笠山にある山小屋から、電子メールで季節の「便り」を届けてもらい、随時紹介していきます。

写真説明:盛んに花を咲かせるズミ(上)。霧ケ峰で白い花を咲かせるエゾノコリンゴ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun