信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

夏山登山への心構え学ぶ 18日に松本で公開講座
2014/06/17 11:31

 本格的な夏山シーズンを控え、公益社団法人日本山岳ガイド協会(東京)は18日、公開講座「安全のための知識と技術」を松本市Mウイングで開く。2011年夏、北アルプス奥穂高岳(3190メートル)近くで起きた遭難事故で子どもを亡くした愛媛県内の遺族の講演を予定するなど、登山者に悲惨な事故を防ぐための心構えや知識を身に付けてもらおうと企画した。

 11年8月、奥穂高岳から涸沢に向かうルートで、愛媛県四国中央市の会社員大西家康さん=当時(62)=と孫の小学2年生、白川明人君=同(8)=が落石に遭って滑落し、死亡する事故があった。講座には、愛媛県から白川君の両親が訪れ、「山で死んではいけない〜登山事故を起こさないために出来ること〜」と題して話す。

 この他、県警山岳遭難救助隊の宮崎茂男隊長が県内の遭難事例を紹介しながら、遭難を防ぐための心構えを話す。富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長の飯田肇さんが、気象条件の変化が原因とみられる近年の遭難事故を紹介しながら、山の自然と危険について話す。

 午後7時半〜9時半。無料。講座内容の問い合わせはNPO法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ(電話0263・34・1543)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun