信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

目指せ「信州登山案内人」 大町で前年比8割増65人受験
2014/06/07 11:07
YAMA2014060700226201.jpg

 県が認証する山岳ガイド「信州登山案内人」の今年の試験が6日、大町市であった。若者や県外の受験者が増え、過去最多で前年比約8割増の65人が受験。登山ブームの中で安心安全を求める声に応えよう―と、筆記試験と実技試験に挑んだ。

 県大町合同庁舎での筆記試験に続き、市運動公園の人工岩場で実技試験を実施。受験者は、岩場途中の踊り場からロープを使って降下する試験や、負傷者を搬送する試験に取り組んだ。

 東京から受験した山岳ガイド業の男性(66)は全国で活動しており、「地元の山を知っている地元のガイドを求める声が強まっている。信州の山をガイドするには必要な認証と考えた」。北安曇郡松川村の会社員高原博史さん(34)は「登山を始める友達が多い。しっかり知識と技術を身に付けて案内してあげたい」と受験した。

 試験は3回目。2012年の第1回は37人が受験し13人が合格、13年の2回目も37人が受験して19人が合格した。今回の結果は7月に通達し、合格者には信州登山案内人の登録証を発行する。

写真説明:大町市運動公園の人工岩場でロープを使った降下技術試験に挑む受験者(中央)


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun