信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

湯の丸高原、夏季の山開き レンゲツツジ見頃は6月下旬
2014/05/31 10:45
YAMA2014053100222601.jpg

 東御市と群馬県嬬恋村にまたがる湯の丸高原で30日、グリーンシーズン(夏季)の山開きがあった。主催の市観光協会や両市村などの関係者計約70人が安全を祈願した。同協会によると、湯ノ丸山に広がる「つつじ平」にある国天然記念物のレンゲツツジ群落は、6月20日前後から見頃となりそうだ。

 「一目60万株」と言われるレンゲツツジが咲く季節に合わせた「つつじ祭り」期間中の6月13日〜7月6日と、8月9〜17日は、有料で湯の丸スキー場リフトを運行する。6月22日は両市村の観光協会共催のイベントがあり、同スキー場ゲレンデに並んだ出店が山菜や特産品を販売。特設ステージでの演奏、飲み物の無料サービスもある。

 6月下旬からは東御市や上田市の農家が高原に牛約20頭を放牧する。

 市観光協会によると、湯の丸高原の昨年5〜10月の観光客は約35万人。同協会の峯村文博会長(66)は「7月第4日曜日が『信州山の日』になったことで山への関心が高まり、足を運ぶ人が増えればうれしい」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun