信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳開山祭60回記念の手拭い 漫画家の鈴木さんデザイン
2014/05/28 11:15
YAMA2014052800220901.jpg

 「山ガール」ブームの火付け役になったとされる漫画の作者、鈴木ともこさん(36)=松本市=は、「八ケ岳開山祭」(6月1日)が今年で60回目を迎えるのを記念したオリジナル手拭いをデザインした。依頼した八ケ岳観光協会は6月中、加盟する宿泊施設に泊まった人に1枚ずつ無料配布する。

 一帯の山小屋などでつくる同観光協会は、八ケ岳を愛してくれる登山者に感謝する月間を6月に設けている。今年は、若い女性を中心に人気の鈴木さんに登山に便利な小道具の手拭いをデザインしてもらうことになった。

 鈴木さんは「初心者からベテランまで楽しませてくれる懐の深い八ケ岳には思い入れがある」と依頼を受けた。色合いは自然になじむ群青、青磁、コケ、アカネ、からしの5種類を用意。風合いが出る手染めで仕上げている。友人のデザイナーの協力も得て、入山から下山後の温泉に漬かるまでのさまざまな場面を一こまずつイラストにし、すごろく形式に描いた。

 鈴木さんは、仕上がりについて「山小屋の人たちの心が温かく、富士山や日本アルプスを一望でき、岩と森まで多彩な自然がある八ケ岳の魅力を凝縮した」と話す。観光協会の島立健二会長(44)は「すごろくのように一こまずつゆっくり山に向き合ってほしいというメッセージが登山者に伝わるといい」と期待している。

 観光協会は計4千枚を作製し期間中に配る。7月以降は各加盟施設で1枚千円程度での販売も予定している。

写真説明:八ケ岳をイメージした手拭いをデザインした鈴木さん


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun