信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘 工事再開へ雪解け待つ
2014/04/26 13:16
YAMA2014042600210501.jpg

 西駒山荘は昨年から建て替え工事を実施しており、来月からの工事の再開に向けて下見に行ってきました。冬の眠りから覚めた山荘の様子に不安も感じながら出発しました。標高1800メートル辺りから登山道にも雪が現れ、春の雪はスノーシューやかんじきがないと、時には股まではまってしまうことがあります。

 森林限界の稜線(りょうせん)の鞍部(あんぶ)からは駒ケ岳が純白の衣をまとって、威風堂々と見事です。山荘は軒まで雪に埋もれている所もあり、周囲の積雪は深い所で3メートルほどありそうです。まだまだ冬山の装いですが、日差しは暑いくらいで確実に春を感じました。

 これからの降雨や気温によって雪解けはかなり変わってきます。雪対策を整えて、無事に今年の着工の日を迎えられるように祈っています。

(西駒山荘管理人・宮下拓也)

写真説明:雪に埋もれた西駒山荘



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun