信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

安全登山へ「山岳雪崩を知る」 松本で9日講演会
2014/03/03 11:44

 信州大山岳科学総合研究所(松本市)と日本雪氷学会北信越支部は9日、「山岳雪崩を知る・考える」をテーマに松本市の同大理学部で講演会を開く。雪崩の危険性や発生の仕組みを知ってもらい、登山の安全対策につなげる目的だ。

 講演では、気象観測データから雪崩の仕組みや危険性を解説したり、雪崩による山岳遭難死亡事故の傾向などを紹介したりする。信大山総研に加え、NPO法人日本雪崩ネットワーク(横浜市)や、森林総合研究所十日町試験地(新潟県十日町市)などの研究者4人が講演する。

 講演者の1人で、北アルプス涸沢(松本市安曇)の氷河を長年にわたり調査している信大山総研の鈴木啓助所長(雪氷学)は「雪崩は山岳地域以外でも発生する。登山者だけでなく、信州に住む多くの人に雪崩の危険性を知ってもらいたい」と話している。

 信大理学部C棟2階大会議室で午後1〜4時。申し込みは不要。無料。問い合わせは山総研運営支援チーム(電話0263・37・2432)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun