信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

人工氷瀑登り無料体験 八ケ岳・赤岳鉱泉で2月1・2日
2014/01/23 11:54
YAMA2014012300182001.jpg

 八ケ岳連峰の麓、標高約2200メートルにある山小屋「赤岳鉱泉」は2月1、2日に、小屋近くの人工氷瀑でアイスクライミングを無料体験できる「アイスキャンディーフェスティバル」を開く。冬山を安全に楽しむための技術習得などが目的で、参加者を募っている。

 同鉱泉は10年ほど前から氷瀑を作っており、アイスキャンディーが愛称。骨組みに散水して少しずつ大きくし、高さ約15メートルになっている。

 1日は午前11時から。冬山用登山靴があれば誰でも参加でき、アイスクライミングの道具は無料で貸し出す。県警山岳遭難救助隊による救助の実演もある。午後7時半からは、茅野市で山岳気象専門の予報会社を運営する猪熊隆之さんによる冬山の天気解説、同救助隊による安全講習を予定している。

 2日は、人工氷瀑の五つのコースをいくつ登ったかを競う初心者向けアイスクライミングコンペ(先着40人)がある。赤岳鉱泉は「人工氷瀑の出来もいい。バーベキューや豚汁の無料サービスもあり、大勢に楽しんでほしい」と話している。

 催しは全て無料だが、山岳保険に入っていない人は1日390円の保険料が必要。有料で宿泊もできる。問い合わせは赤岳鉱泉(電話090・4824・9986)へ。

写真説明:赤岳鉱泉前の人工氷瀑を使って開いた昨年のアイスキャンディーフェスティバル


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun