信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

安全な越年登山を呼び掛け 北ア・宮城ゲートに相談所
2013/12/28 10:00
YAMA2013122800177901.jpg

 安曇野署と北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)は27日、越年登山者ら向けの相談所を安曇野市穂高有明の県道にある宮城(みやしろ)ゲート近くに開いた=写真。30日まで、登山者に登山計画を尋ねるなどして安全を呼び掛ける。

 宮城ゲートは北アルプス燕(つばくろ)岳への冬の玄関口。相談所は昨冬まで、同市のJR穂高駅に設けていたが、マイカーで直接ゲートまで来る登山者もいるため、変更した。午前4時半から正午まで、安曇野署員らが3人態勢で入山者に助言する。

 27日は雪が降る中、13人がゲートを通過。署員らは「どこまで行きますか」などと声を掛けた。山梨県大月市から夫婦で訪れた会社員の吉村二郎さん(64)は「冬山は体力が夏の倍は必要なので、気を付けて登りたい」と話していた。

 同署員によると、冬山でも経験の浅い登山者がいるため、単独や、雪上の歩き方がぎこちない人には特に気を付けて助言する。同遭対協救助隊有明班の畠山憲一郎班長は「冬山では天候や体調によってベテランでも遭難する。油断しないでほしい」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun