信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

あんぜん登山の最前線~冬山への備え~(下)
2013/12/21 16:32
YAMA2013122100177101.jpg

<意識障害は突然に 低体温症の知識、不可欠>

 2012年5月4日早朝、福岡県太宰府市の自営業男性(64)は、50~70代の山仲間5人と北アルプス涸沢の山小屋を出発した。天気は良かったが、午後に急変。雲が空を覆い、雨がみぞれに、そして雪に変わり、稜線(りょうせん)上には強い風が吹き始めた。

 「せっかくここまで来たけん」。6人は目指す穂高岳山荘に向かって歩き続けた。午後4時ごろ、女性1人が動けなくなった。男性を含む計3人がツェルト(簡易テント)をかぶってビバーク(露営)し、残る3人が助けを求めるために同山荘に急いだ。

 残った3人は重ね着をし、透湿性や防水性、保温性に優れた最新の登山ウエアを身に着けていたが体はぬれていた。「着替えろ」。男性の指示で他の2人も乾いた下着に着替え、行動食も食べてじっと救助を待った。

 午後9時、3人は救助隊に発見された。男性は「大丈夫。まだ歩けます」と答えた。震えが始まっていたが、救助隊員と一緒に歩き始めた。しかし、意識があったのは岩場のはしごを登ったところまでだった。「突然、意識を失った」と男性は言う。

   □   □

 低体温症―。日本山岳ガイド協会特別委員で東京都の医師、金田正樹さん(67)は男性から状況を聞き、意識を失った原因をそう判断した。同じパーティーで先行した3人のうち、70代男性1人も低体温症で死亡していた。

 低体温症は、09年7月に北海道・トムラウシ山で8人が死亡した事故で注目された。金田さんは事故の調査特別委員会に加わり、ほかの山で低体温症から生還した人や医療機関への聞き取りを継続。実態解明が進んでいない山岳地での低体温症のメカニズムを明らかにしつつある。

 金田さんは、体温低下を食い止める対策はこれまで考えられていた以上に一刻を争う、と指摘する。「体温の下がるスピードが速いと、防寒着を取り出す間もなく意識障害が起きる」

 太宰府市の男性らが遭難した同じ日、北ア白馬岳では北九州市の医師ら6人パーティーが死亡する大量遭難が発生した。氷点下になっても雨が凍らず、降ったその場で氷に変わる「雨氷」に遭った可能性が明らかになった。

 6人の遺体は凍りついていたといい、金田さんは「体温が、意識障害が起きる33度以下に急低下した」とみている。

   □   □

 金田さんによると、高山で体がぬれて風にさらされると、体温は15分に1度下がることがある。全身が震える体温34度は、平地なら「軽度」の低体温症状だが、高山では意識を失う33度まであっという間だ。

 高山では必ずツェルトを持参して強風時の稜線は避ける必要がある、と金田さん。体温の維持に必要な1日3000~3500キロカロリーの食料を小まめに補給し、どんな季節でも温かい飲み物を携帯すべきだという。

 救助された後、まだ歩けると判断して意識を失った男性は「低体温症に対する知識が足りなかった」と振り返る。「山で起きる低体温症について知識を深め、それを防ぐ術を知ることが、安全のための最大の装備だ」。金田さんはそう話している。

写真説明:万全の装備で北アルプス八方尾根を登る登山者。腰まで埋まる深雪を進むと汗や雪で体がぬれ、風が吹けば体温が奪われる=14日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun