信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

山岳地域の気候変動 上田で初の国際シンポ
2013/11/22 10:23
YAMA2013112200172601.jpg

 筑波大、信州大、岐阜大の研究者でつくる中部山岳地域環境変動研究機構は21日、「山岳科学と気候変動に対する生態学的な視点」と題した国際シンポジウムを上田市菅平高原のプチホテル「ゾンタック」で初めて開いた。年1回の研究報告会に合わせて開催。国内外から約70人が出席し、機構が招いた国内外の4人と筑波大の研究者が発表した。

 スイスのベルン大に事務局を置く国際的な山岳科学研究グループ事務局長のグレゴリー・グリーンウッドさん(62)はグループの活動を説明。「世界各地の山での研究結果を比較し、傾向をまとめるため、研究者にデータの提供を呼び掛けたい」と話した。

 北海道大の工藤岳(がく)准教授(51)=環境科学=は、大雪山(北海道)での研究成果を発表。1990年に一面に咲いていたエゾノハクサンイチゲが、2007年にはほとんど無くなったとし、「地球温暖化で雪解けが早まり、土壌が乾燥したためではないか」との見方を示した。

 研究機構は10年に発足し、3大学持ち回りで報告会を開いている。今回は筑波大が運営し、実験センターのある菅平を会場に選んだ。22日は研究テーマごとに、23日は全体で議論する。

写真説明:山岳地帯の環境研究について、国際的な連携の必要性を訴えるグリーンウッドさん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun