信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

南ア林道バス利用8年ぶり5万人超 今季の運行終了
2013/11/16 10:14
YAMA2013111600171301.jpg

 伊那市長谷戸台口と山梨県境の北沢峠(2032メートル)を結ぶ市営南アルプス林道バスは15日、同峠付近で25センチほどの積雪があり、午前の往復1回のみで、今季の運行を終えた。市南アルプス林道管理室によると、今季の延べ利用者数は昨季より4720人多い5万561人で、8年ぶりに5万人を超えた。「夏に好天の日が多く、登山者が増えたため」とみている。

 今季は4月25日に途中の歌宿まで運行を開始。6月15日の全線開通と同時にバス停以外でも乗り降りできる「フリー乗降」を導入し、高山植物や景色を楽しむ乗客に好評だった。8月の乗客数は前年比21%増の1万4663人。紅葉を楽しむ人も多く、10月13日は1574人が利用した。

 林道バスは10人の運転手が南アの自然情報を共有し、乗客に説明。来年は南アルプス国立公園50周年で、ジオパーク全国大会も同市などで開かれる。運転手の伊藤卓郎さん(56)は「多くの人が南アの自然に親しめるように来年も頑張りたい」と話していた。

写真説明:今季の運行を終えた南アルプス林道バスの車両と運転手の伊藤さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun