信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

祝日「山の日」8月12日案 超党派議連が合意、通常国会へ
2013/10/31 10:11

 「山の日」制定を目指す超党派の国会議員連盟は30日、国会内で総会を開き、山の日を「8月12日」とする祝日法改正案を来年の通常国会に提出することで合意した。お盆の時期に当たるため休日にしても社会的な影響が少なく、子どもが夏休み中で家族で山に行きやすい―といった意見が大勢を占めた。

 議連事務局が「8月(特にお盆前)」「6月(特に上旬)」「海の日(7月第3月曜日)の翌日」「日曜日を祝日に定めるが、振り替え休日を設けない」の4案を示し、出席者17人が意見交換した。

 経済界には祝日増加を望まない声があり、議連の衛藤征士郎会長(自民)は「お盆の時期に祝日を設けても抵抗感はないのでは」と述べた。事務局長の務台俊介氏(自民、衆院長野2区)は「日本は世界的にみて年間の休日取得は少ない。山の日を設けることがゆとりある生活につながる」。木内均氏(自民、衆院比例北陸信越)は「祝日を増やすと休める官公庁と休めない企業の格差が広がる懸念があるが、お盆の時期なら現実的だ」と賛同した。

 これまで議連は「6月第1日曜日」を第1候補としてきたが、県内の山岳関係者から「北アルプスの稜線(りょうせん)は6月も雪が降り、山の日には早い」などの意見が出ていた。

 北ア山小屋友交会の赤沼健至会長(62)=燕山荘社長=は「北アは雪も少なく、お盆の夏休みに当たることから家族連れで山を楽しむことができる」。北ア南部地区山岳遭難防止対策協会救助隊長の山口孝さん(65)=涸沢ヒュッテ社長=も「北アは一番安全な夏山シーズンであり、高山植物も豊か。日程は非常に喜ばしい」と評価した。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun