信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

上高地へのシャトルバス内で案内 ガイドがマナーなど説明
2013/10/29 11:23
YAMA2013102900166301.jpg

 上高地ネイチャーガイド協議会は28日、松本市安曇・沢渡地区にある環境省の「沢渡ナショナルパークゲート」から北アルプス・上高地へのシャトルバス内で乗客への案内を始めた。マイカーなどからシャトルバスに乗り継ぐ入山者に上高地の魅力や国立公園内でのルールを伝え、自然の大切さを訴える。午前中の4便で11月14日まで実施し、来年度も続ける方針だ。

 環境省の「エコツーリズム地域活性化支援事業」を活用。1台のバスにガイド1人が乗り込み、上高地に着くまでの約30分間で上高地の楽しみ方や、人前に現れる野生のニホンザル、外来植物といった上高地を取り巻く課題に触れ、自然を守るマナーを説明する。同ゲートを午前8、9、10、11時に出発する便で行う。

 本年度から本格稼働したナショナルパークゲートは、国立公園のルールやマナーを映像などを使い知らせる。同ネイチャーガイド協会は「ガイドが乗客と対面で説明することで、ゲートの役割を補いたい」としている。

写真説明:シャトルバスに乗る観光客を案内するガイド(左端)=松本市安曇の沢渡ナショナルパークゲート



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun