信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア船窪岳「山岳遺産」に 都内の基金、県内初認定
2013/10/24 10:32
YAMA2013102400164901.jpg

 日本山岳遺産基金(東京)は23日、「日本山岳遺産」に長野、富山両県境の北アルプス船窪(ふなくぼ)岳を認定した。同日都内で開いた「日本山岳遺産サミット」で、一帯の登山道整備に取り組む「船窪小屋・道しるべの会」に認定証を授与した。県内の山岳の同遺産認定は初めて。基金は今後、同会の登山道整備に助成金を送る。

 同基金は「山と渓谷社」(同)が創業80周年記念で2010年に設立。美しい山々を次世代に引き継ごうと同年度から同遺産の認定を開始。今回は全国15カ所の自薦の中から、船窪岳のほか北海道のアポイ岳、宮城県の金華山、三重県の大台ケ原大杉谷を認定した。認定地はこれで13カ所となった。

 船窪小屋・道しるべの会は、船窪岳(標高約2300メートル)に連なる北ア七倉岳の山小屋「船窪小屋」の常連客ら約50人でつくる。船窪岳北の針ノ木谷で古い登山道の復活に挑んだ同小屋主人の松沢宗洋(むねひろ)さん(77)=北安曇郡小谷村=の活動を支えた常連客たちが、整備を終えた古道の維持と環境保全を目的に09年に同会を発足させた。遺産認定は「自主的に手弁当で登山道を整備している地道な活動」が評価された。

 認定証授与式で、同会の鳥居照明会長(66)=山梨県北杜市=は「秘境とも言われる船窪岳一帯に登山者が足を運べるよう、これからも取り組みたい」とあいさつした。

 会場には松沢さん、妻の寿子さん(77)のほか、同会事務局の会社員日堂(ひどう)栄次さん(44)=安曇野市=ら会員約10人も訪れた。日堂さんは「登山者を温かく迎える松沢さん夫妻を手伝いたいとの思いで活動してきた。認定はとてもうれしい」と話していた。

写真説明:認定証授与式で登山道の整備活動を紹介する「船窪小屋・道しるべの会」の鳥居会長(中央)=23日夜、都内



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun