信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

北八ケ岳・白駒池周辺の木道を修繕 原生林やコケ守る
2013/09/12 09:44
YAMA2013091200156601.jpg

 北八ケ岳・白駒池周辺の山小屋や地元森林組合でつくる「北八ケ岳苔(こけ)の会」と南佐久郡佐久穂町は10〜11日、白駒池周囲の木道の修繕作業をした。木道は10年ほど前、同会に所属している山小屋経営者が設置し、風雨で傷む部分は毎年修繕してきた。2010年に苔の会が活動を始めてからは、同会が中心となって修繕を続けている。

 2日間で延べ十数人が参加した。佐久穂町が長さ4メートル、幅0・25メートルほどの板50枚など計約200メートル分の資材を用意した。会員が1周約1・3キロの白駒池周囲を歩き、腐ったり割れたりした板を外して新しい板をくぎで打ち付けた。

 佐久穂町、同郡小海町、茅野市にまたがる白駒池一帯は、コメツガやシラビソの原生林があり、08年に日本蘚苔(せんたい)類学会から「日本の貴重なコケの森」に認定された。10月に入れば、紅葉を楽しみに大勢の観光客が訪れる。

 苔の会会長の山浦清さん(59)=佐久穂町=は「登山客が安全に楽しんでもらえればうれしい。木道の整備で原生林やコケを守ることもできる」と話している。

写真説明:金づちでくぎを打ち、新しい木道を設置する北八ケ岳苔の会の会員



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun